会議研かごしま 『今こそ、会議のあり方を考え、一緒に自分たちの組織(会社)を変えませんか?「会議」を変えれば、組織が劇的に変わります。「会議」を変える、「組織」が変わる』

『会議力向上』で組織変革を目指す! 『会議』を変えれば、組織が劇的に変わります! 今こそ会議のあり方を考え、一緒に自分たちの組織(会社)を変えませんか?
  • なぜ会議が必要なのか?
  • 業務内容・料金
  • お客様の声
  • 会社概要

メルマガ登録

『変わる会議』で企業活動を見えるカタチに

●『会議』で、方針・考えの見える化(メンバーの思いをひとつに)成果が出ないのは、モノの見方・考え方が違うから

●『会議』で、成果の出る仕組みの見える化(経営を仕組み化)成果が出ないのは、ヒトではなく仕組みがないから

●『会議』で、成果の出る仕組みの見える化(経営を仕組み化)成果が出ないのは、ヒトではなく仕組みがないから

このような企業の皆様、『変わる会議』で組織・会社を一緒に変えませんか?

□ 経営者の考え、経営方針を浸透させたい
□ チームワークをよくし組織の生産性を高めたい
□ 各部門の問題点を自分たちでみつけ経営改善ができる組織にしたい
□ 若手社員の育成を図り定着させたい
□ 後継者の育成を図り事業継承をしたい

『会議研かごしま』は他の研究会、勉強会とどう違うのか?

1.成果を出す(自社を変える)ために明日からどう取り組むか、行動するかをいつも考えて頂きます。

会議研かごしま

私共は以前より、階層別の研修、テーマごとの研修等を行ってきました。研修終了後のアンケート等での感想の中に、自社とは会社の規模が違う、業種が違う、立地が違う等、よその会社のこととして研修を捉える傾向が見受けられます。(共通する事柄であっても)自社をどう変え、どのような仕組を創っていくか、単なる勉強会ではありません。自社を変えないと、成果が出ないと意味がありません。

2.成果を出すための3つのスキル(ステップ)

私共は以前より、階層別の研修、テーマごとの研修等を行ってきました。研修終了後のアンケート等での感想の中に、自社とは会社の規模が違う、業種が違う、立地が違う等、よその会社のこととして研修を捉える傾向が見受けられます。(共通する事柄であっても)自社をどう変え、どのような仕組を創っていくか、単なる勉強会ではありません。自社を変えないと、成果が出ないと意味がありません。

(ステップ1)会話力向上により、意見が出る『場』をつくるコミュニケーションスキル

会議研かごしま

『会議』がうまくいかない一番の理由は、会話がないこと、会話ができないことです。
お互いの話し方、話す内容、話す態度等がその原因です。
極端な例ですが感情的なレベルまで踏み込んで解決する必要がある場合も少なくありません。会話のない、会話できない『会議』からは何も生まれません。
表面的な会話では、企業状況も見えず、本当の課題(真因)にもたどり着けないからですすぐれたスポーツコーチと、そうでないスポーツコーチの違いは選手と会話ができるかどうかだそうです。
このことは『会議』にもいえます。意見が出る『場』を創るために、どのような会話をするか、を学びます。これは、次の(2)、(3)にも関わる重要なスキルです。

(ステップ2)問題解決力を身につけ何をすればよいかを鮮明にし、その仕組みを作るスキル

会議研かごしま

人手が足りない、顧客の高齢化が進んだ、燃料が上がった等、解決できない問題で皆さん悩んでいます。確かに重要な問題ですが、直接は解決できません。
加えて、経営者等の視点も、その原因に焦点が集中し、解決策にまで至らない場合も多く見受けられます。 また売上を上げるにはどうするか、等の問題も簡単には解決できません。
テーマが大きすぎてすぐには解けないからです。
このように解けない問題、解きにくい問題を、「分解」・「図解」・「フレームワーク」等を活用し、「解けるカタチ変換にするスキル」を学びます。

(ステップ3)成果へつなげるための継続化へのスキル

会議研かごしま

決まったことが実行されているか、多くの企業でここが抜け落ちています。
マネジメント力・リーダーシップ力が重要です。マネジメントが企業に生命力を吹き込みます。大きな役割を果たすのがリーダーだからです。
みんなで成果を確認し、成果によりメンバーのモチベーションが高まる。という好循環のサイクルを築くことが重要です。

会議研かごしまブログ

初回企業訪問・会議診断は無料ご予約・お問い合わせはお気軽に。TEL0996-42-031424時間365日対応・いつでもご相談ください。

メールお問い合わせ

トップへ戻る